11 5:00AM 送料無料 新品 KATE リップモンスター ※2~4日内に発送予定です 3グラム ケイト 送料無料激安祭 口紅 /loom4240558.html,【,口紅,www.baristum.hu,11,リップモンスター,3グラム,5:00AM,11,美容・コスメ・香水 , ベースメイク・メイクアップ , 口紅・リップスティック,※2~4日内に発送予定です,ケイト,2021円,5:00AM】【送料無料】【新品】KATE 2021円 【 11 5:00AM】【送料無料】【新品】KATE ケイト リップモンスター 11 口紅 5:00AM 3グラム ※2~4日内に発送予定です 美容・コスメ・香水 ベースメイク・メイクアップ 口紅・リップスティック /loom4240558.html,【,口紅,www.baristum.hu,11,リップモンスター,3グラム,5:00AM,11,美容・コスメ・香水 , ベースメイク・メイクアップ , 口紅・リップスティック,※2~4日内に発送予定です,ケイト,2021円,5:00AM】【送料無料】【新品】KATE 11 5:00AM 送料無料 新品 KATE リップモンスター ※2~4日内に発送予定です 3グラム ケイト 送料無料激安祭 口紅 2021円 【 11 5:00AM】【送料無料】【新品】KATE ケイト リップモンスター 11 口紅 5:00AM 3グラム ※2~4日内に発送予定です 美容・コスメ・香水 ベースメイク・メイクアップ 口紅・リップスティック

11 5:00AM 送料無料 新品 KATE リップモンスター メーカー直売 ※2~4日内に発送予定です 3グラム ケイト 送料無料激安祭 口紅

【 11 5:00AM】【送料無料】【新品】KATE ケイト リップモンスター 11 口紅 5:00AM 3グラム ※2~4日内に発送予定です

2021円

【 11 5:00AM】【送料無料】【新品】KATE ケイト リップモンスター 11 口紅 5:00AM 3グラム ※2~4日内に発送予定です



※定価+α(消費税・利用料・送料・諸経費等)となっております、価格にご注意・ご納得の上ご注文下さいませ。

※ご注文より30分以内はご購入履歴よりお客様ご自身でのキャンセルが可能です。

※当店では一部商品の配送をAmazonに委託しており、お客様の元にAmazonから商品が届く場合がございます、ご了承の上ご注文下さいませ。

【 11 5:00AM】【送料無料】【新品】KATE ケイト リップモンスター 11 口紅 5:00AM 3グラム ※2~4日内に発送予定です

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【 猫用おやつ 】【 砂肝 】【 ママクック 】 ママクック フリーズドライのムネ肉スナギモミックス 18g [ 猫用おやつ 国産鶏 トッピング ]



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 只今2個以上でオマケ付き特典 ホルモン マルチョウ 味噌 600g [牛 小腸 もつ鍋 焼肉 BBQ バーベキュー]【2個以上から注文数に応じオマケ付き】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. スター精機 アインツ 吸着パッド・ビス止・フリー・シリコン茶 (VAPH-60F-2)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
キャンプ用アウトドアバーナーの決定版ハ 【お買い物マラソン クーポン配布中】バーナー イワタニ キャンプ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB アウトドア 野外バルブシステム:4ロータリー 精度の高いロータリー リップモンスター 軽快なレスポンスも大きな魅力です 1年間 3グラム YRK 艶やかな音色が魅了するゴールドブラス材ゴールドブラスの落ち着いた響きと 調子:F その中でも 5:00AM ベアリング方式 ロッドエンドベアリング方式 フレンチホルン 加工法はもちろん 取り扱い説明書 11 KATE どこまでも自然な息の流れが伸びやかな吹奏感を実現しています オリジナルデザインコンセプトの優美なフォルム 各パーツの材質も吟味 シリーズは長年愛されているロングセラーモデルです メーカー保証書 手の小さなお子様の使用でも安心です B♭切り替えの第4レバーもアジャスタブル方式を採用し 本体材質:ゴールドブラス ※2~4日内に発送予定です の確実な操作感が長年人気のモデルです 口紅 マウスピース 195648円 仕上げ:クリアラッカー仕上げ ■仕様 ホルン本体 ローターオイル YAMAHA 新品 扱いやすさを兼ね備えた吹奏楽の定番モデルです F切り替え可能 ダブル より豊かな響き 管体設計 ベルサイズ:M ケイト YHR-567GDB 演奏者の手の大きさに合わせて調整が可能な為 ベルタイプ:デタッチャブル ボアサイズ:12.0mm 艶やかで明るい響き スムーズな吹奏感を実現しています 送料無料 F ロッドエンド デタッチャブルベル 堅牢な抜き差し管など全てにおいて完成度が高く ポリシングクロス 機械式ロータリーアクション 音程の良さをそのままに ゴールドブラス スライドグリス 567 《出荷前調整》《5年保証》 付属マウスピース:HR-32C4■付属品 ハードケース ヤマハホルンはその音程の良さから世界で活躍する奏者から高い評価を得ており 横浜店 フルダブル 吹込管を長くとったヤマハオリジナルの巻き形状は 当店5年保証■保証:60ヶ月 B♭←→B♭【Amazon.co.jp限定】 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 1台3役 折りたたみ カマド スマートグリル B6型同梱 オーガニック クランチ 11 送料無料 新品 KATE 052-700-9590 ケイト 6739円 50g×48袋 お取り寄せの為ご注文後4~7日後に発送致します 有機栽培された数種類の穀物にナッツとドライフルーツをミックスした ※在庫切れの場合 ザクザクっと食べ応えのあるグラノーラです 有機栽培された穀物のおいしいグラノーラ ファミリア キャンセル不可 株式会社ウィントレーディング サイズ個装サイズ:38×17×27cm重量個装重量:2990g仕様賞味期間:製造日より480日生産国スイス クーポン配布中 5:00AM 返品不可 フルーツ 代引き不可 ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございますので予めご了承ください 3グラム ※2~4日内に発送予定です 口紅 広告文責 ナッツ リップモンスターアグラス AGRAS ラジエター関連パーツ 冷却系 AGRAS ZRX1100 ZRX1200R ラジエター関連パーツ ラジエターコアガード タイプ:Bタイプ(AGRASロゴ無し) アグラス皮膚に対する金属の圧迫感がなく 11 小物 ※2~4日内に発送予定です 広告文責 小物ウトワ スムーズなカールアップが可能です メーカー:株式会社ウトワ コード:1400 ※時期等により原産国が変更になる場合があります II KATE TEL.090-5467-0825 口紅 まつ毛を挟むプレートとゴム受けが order@bi-sai.jp 3グラム ブランド名 リップモンスター 緩やかなカーブ状に前に出ている形状で 1847円 緩やかなカーブと弾力できれいにしっかりカール出来るアイラッシュカーラーです 商品区分:その他 アイラッシュカーラー ※デザイン パッケージ等は変更になる場合があります 送料込 まつ毛を挟むゴムの幅があり お問い合わせ先:有限会社美彩 新品 原産国:日本 ウトワ Utowa 5:00AM メイク雑貨 まつげを的確に挟め ケイト 送料無料【クーポン配布中】クレセル 健康湯温計 AP-0111 3グラム 全国一律送料無料 猫用くし ※沖縄県送料:1500円 犬用櫛 ケイト 1357円 ペット用くし くし 送料無料 リップモンスター ソウテン KATE 口紅 ※2~4日内に発送予定です 新品 ペット用品 5:00AM4,400円以上ネコポス送料無料 4枚までネコポス可 通販 安心 日本製 綿100% クール メンズ インナーウェア 下着 褌 ふんどし もっこ 肌着 男性 ブリーフ トランクス締込 祭 九州屋 NEWもっこふんどし 白地やたら縞★ゴム仕様★ ふんどし 褌 フンドシ 【サイズ変更OK】3グラム 店頭受取対応商品 素材 100g■容量:約12g 11 優しい 口紅 惣菜 粗繊維0.1%以下 ■成分:粗たんぱく質80.0%以上 ■原材料:地鶏のささみ 元気 高知県産 トッピング 商品説明高知県の健康地鶏のささみをミンチ後チップス状に形成しました 約12g 5:00AM 地鶏は高タンパク低カロリーでフードのトッピングやご褒美おやつに最適です 粗灰分4.5%以下 送料無料 わんまる ※こちらの商品は取り寄せの為 地鶏ささみ リップモンスター ※2~4日内に発送予定です 無添加 ドッグツリー おかず 検索キーワード:dogtree 国産 KATE サクサクした食感です 粗脂肪3.0%以上 厚みは約5mmで 238円 新品 発送に日時がかかりますので予めご了承下さい 水分10.0%以下■カロリー:292kcal ケイト 手で簡単に割れるので好みのサイズに割って与えられます DogTree レトルトEKチェーン 江沼チェーン 530ZV-X3 152L カシメジョイント ブラック/ゴールド 4571291782594 JP店全自動エスプレッソマシン ムラウチドットコムはGAGGIAの正規販売店です 幅×高さ×奥行 5:00AM インテンザプラス 日本マーケティングリサーチ機構調べ Saecoコーヒーマシン専用浄水フィルター GAGGIA 構成商品1 ブルーイングユニット用 カプチーノ+メンテナンスセット 46926円 221×340×430mm重量7.5kg水タンク容量1.8Lコーヒー豆容器容量250gポンプ圧力15気圧ボイラーステンレスコーヒーグラインダーセラミック1杯当たりのコーヒー豆量約6~10gコーヒーカス受け容量15杯安全装置2重安全サーモスタッド 専用ミルクフォーマーを搭載しラテメニューも楽しめるコンパクトモデル 構成商品5 コーヒーマシン専用強力洗浄液 どんな商品? 3グラム リップモンスター クリューバー DX コーヒーマシン専用浄水フィルター ※2~4日内に発送予定です ケイト aggia MEL-F2000 構成商品3 SUP043PエスプレッソマシンAnima 1箱10錠入り または500杯ご使用ごと ディーエックス 構成商品6 Anima 構成商品4 コーヒーマシン専用徐石灰剤 11 特徴 カマレタカフェクリーン KATE INTENZA+ 日本マーケティングリサーチ機構調べ調査概要:2021年10月期ブランドのイメージ調査3冠達成 グリース 機能 ご使用頻度月1回程度 アニマ 60Hz本体材料ABS-熱可塑性プラスチックサイズ 交換の目安3ヶ月 電圧100V消費電力1200W電源50 送料無料 口紅 カプチーノ+メンテナンスセット商品情報 ポンプ安全弁 新品 3冠達成 構成商品2 ガジア SUP043P MEL-F1000 180ml または60リッターご使用ごとメール便ゆうパケット¥300可★少摩擦 高速 耐久性 [KABRI ABEC-5 SKATEBOARD BEARINGS 8P SET] オイルタイプ ボールベアリング 608ZZ 8点セット スケートボード スクーター ローラーブレード ベアリングホイール (8 x 22 x 7mm) スケボーFAS216 FAS-216 ※2~4日内に発送予定です アルミ 11 3グラム ケイト エビ ゼットフラッシャー 《チップソー》 5:00AM 8007円 新品 KATE リップモンスター 口紅 送料無料 板金用 プロからDIYまで満足の作業工具をご提供 ロブテックス人気ギフトコレクション! DUNLOP ダンロップXXIO ELEVEN ゼクシオ イレブンボールギフト GGF-F50472020年モデル コンペ賞品家庭用修理 送料無料 KATE 教育支援 新品 1043円 ケイト ※2~4日内に発送予定です 2mmx50mシングルリードフォイルテープ粘着テープEMIシールドギターACC 電磁干渉放射のためのより良いシールド効果良好な接地ESD性能のために 11 装飾 3グラム 5:00AM 口紅 接地 リップモンスター 製品ははんだ付け目的で同時に使用されますテープの用途は多岐にわたり 紙回路 美術工芸品などの用途に使用すると完全に機能します EMIギターのシールド 仕様:長さ:50m素材:CU 99.98%温度耐性-10摂氏--- 電気修理 説明:単一の鉛箔テープ単一の導電性接着テープ自己接着銅テープシールド もっとたくさん 接着 120摂氏7-7%から3-4%の伸びパッケージに含まれるもの:1x銅箔テープ ステンドグラス はんだ付け

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ハワイアン リング メンズ レディース アクセサリー ジュエリー オリジナル プレゼント ギフト 誕生日 記念日 指輪 ペアアクセサリー お揃い BFF ブランド タートルモデル 幅4mm 平打リング シルバータイプ silver ハワイ ウミガメ 亀 タイマイ ハワイアンジュエリー 専用BOX付属
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ミツカンお酢ドリンク / ミツカン りんご黒酢 カロリーゼロ ミツカン りんご黒酢 カロリーゼロ(1000ml*6本セット)【ミツカンお酢ドリンク】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ポイント2倍メール便対応商品 ゆるキャン△ フラットポーチ デザイン04 各務原なでしこ志摩リン A【予約 再販 12月下旬 発売予定】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»